« Bird week | トップページ | 交流戦スタート »

2010/05/11

岐阜鉄紀行 西方編

日曜日に徳山ダム、淡墨公園と行ってきたわけですが

今回そちらへ行こうと考えた理由は、まあ言うまでもなく

鉄関係がメインだったりします。

Dsc_0199

「やっぱりな」です。ハイ。

ちなみに徳山ダムは一番最後に思い付きました。

「ここも行けるやん」と。

で、当日はどんなルート(内容)だったかというと

先ず最初に養老線全線開通91周年記念で先月から

発売が始まった、アオダモで出来た「バット」きっぷを

買おうと養老鉄道揖斐駅へ――行く途中でふと思い付いて

西濃鉄道へ寄ってみました。

Dsc_0023

といっても今は何も走っていない部分だけなんですけどね(^-^;

この施設はまだ使われているのでしょうか?

Dsc_0011

西濃鉄道は去年行った美濃赤坂駅から続く貨物専業路線。

機会があったら今度は周辺を探索してみたいですね(^▽^)

養老鉄道養老線揖斐駅へ到着。

Dsc_0050

人当たりの良い駅長さんに聞いたところ

切符はすでに売り切れたということで…orz

Dsc_0030

入場券(\200)を手に、軽く挨拶をしてその場を後にしました。

揖斐駅からは徳山ダム、そして淡墨公園へ。

淡墨桜と野鳥を撮り終えて今度は樽見鉄道樽見駅へ。

Dsc_0157

ライダーの方が休憩していました。

時刻表を見ると暫くは何も来なさそうだったのですぐに移動。

線路を横目に南下して樽見鉄道谷汲口駅へ到着。

Dsc_0165

谷汲口駅の脇にはオハフ33形が保存されているのですが…

Dsc_0166

かなり痛々しい有り様でした(ノ_≦。)

ここでも次の列車までにはまだ時間があったので

今度はこの日の予定の大本の旧名鉄谷汲駅へ移動。

Dsc_0217

と、その前に先に隣接する谷汲昆虫館を訪問。

2階の展示物の中にでかい“蟲”の飾りもあるので

蟲嫌いの人は心して入館するように。(大人\200子供\100)

クモの標本にびびったあとは旧名鉄谷汲駅構内へ。

Dsc_0209

こちらは入場無料。

入り口から入ると右手に谷汲線の資料や写真などが

展示してある小部屋がありました。

Dsc_0211

Dsc_0177

ちょうちょのヘッドマークが良いなぁヽ(´▽`)/

改札を通ると2両の車輌がホームでお待ちかね。

  モ750形755号車Dsc_0179

  モ510形514号車Dsc_0194

ホームは結構いい感じ。

Dsc_0190

でも振り返ると(´・ω・`)な感じ。

Dsc_0198

レールと枕木が撤去され、“路”だけが寂しく続く…。

廃線を歩きたくなる人の気持ちがちょっとだけ

わかったような気がしました。

以上でこの日の活動は終了――のはずだったのですが、

「そーいやー、ハイモ(※1)撮ってねーよハイモ」

と思い、帰るついでにどこかで待ち構えていようと

考えたのですが、沿線到着時はすでに車輌が行ってしまった後。

谷汲駅でゆっくりし過ぎたか…orz

車輌基地のある本巣駅へ行ってなんとか顔だけ撮り、

帰還の途につくことになりました。

Dsc_0229

今回はこの道程で家に帰ったのが午後4時ちょっと過ぎ。

 (註・高速トランザムなし)

ドライブにちょうど良いコースなのでまた行ってこよう。

・・・いや、やっぱり次は鉄で行かないといけませんね(^_^;)

 ※1 ハイモ…樽見鉄道の気動車形式。ハイスピードモーターカーの意

« Bird week | トップページ | 交流戦スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bird week | トップページ | 交流戦スタート »