« 花粉で目が…ヽ(+∇+)ノ | トップページ | 重要資料。 »

2011/03/24

次に行くのはいつだろう?

明日から3連休になりました。

来月の予定でも立てようかな(゚ー゚)

昨日の続きです。

新幹線エリアへ。

   0系Cimg0197

   100系Dsc_5805

   300系(手前は試作車)Cimg0199_2

東海道新幹線を走ってきた歴代の車両が
文字通り顔を並べています。

700系が引退したらどこに置くんだろう?

0系と100系には食堂車が連結されていました。

Dsc_5806

100系は2階建て。

Dsc_5809

2階食堂席からの車窓は料理を更に引き立てる
最高のスパイスだったことでしょう。

Dsc_5813

壁際にあるパンタグラフやモーターなどの資料を
一通り見ながら屋外展示へ。

屋外にはケ90と117系が展示されています。

Dsc_5824

Dsc_5819

新快速の117系をここで撮ることになろうとは…。

ちなみにこちらの117系の車内は休憩所になっています。

再び館内へ戻り2階へ。

2階の新幹線エリア側から撮影。

Dsc_5825

 「良い眺めだ~( ̄▽ ̄)」

シンボル展示の2階には国鉄バス第1号車がありました。

Dsc_5830

 「今のバスより豪華だぁ~(≧∇≦)」

 「いや、豪華かもしれんがこのシートでこの距離は…」

Dsc_5831

腰が砕けそうだ…(@Д@;

 「これだと岡崎から248で多治見ってルートだなぁ(゚▽゚*)」

岡崎から北の道路はよくわかりませんが
多分そうなんだろうな。

Dsc_5827

デリカステーションで駅弁を購入。

2階を彷徨いながら食事できそうな場所を探すも
空いてるところは見当たらず。

Dsc_5841

屋外の117系へ行っても車内に
座れるところがなかったので開き直って――

Cimg0204

レールに座り、117系を間近に見ながらのランチタイム。

今回の駅弁は『炭火焼き風 焼きとり重』。

「れーるのうえ、あぶないよー」と、ちびっ子に怒られつつ
美味しくいただきました。

ランチの後はやっぱり腹下チェック…
といっても自分の腹ではなく117系のハラです。

 「うわぁ~、これバネが2重になってるよ~Σ(゚д゚;)」

Cimg0208

台車にかぶりつくBK氏。
どうやら彼にはメカ鉄になる素質があるようだ。

この117系には夏季でも車内でくつろげるように
空調が取り付けられているのですが、これがまた…

Cimg0214

最初からそうであったかのようなフィット感でした。

ちなみにこの117系の編成ですが、
パンタグラフ付きの中間車が省かれた
3両編成になっていました。

整備、清掃の簡略化もあるんでしょうね(^^)

とまあ「リニア・鉄道館」の最初の訪問はこんなところでした。

今回は車両展示だけを見てまわると決めていたので
シミュレーターやジオラマなどはまた次の訪問時に。

もっとも、シミュレーターが抽選な限り、
レポが何回目の訪問になるのかはわかりかねますが…ね。

今回はまだオープンしたばかりで祝日だったこともあり
入場者数が結構あったようです。

次に来る時はもちっと空いてるといいなぁ(^-^;

館内に戻り、ミュージアムショップでお買い物。

 「メモ帳とうちわ…って、仕事道具かっ!ゞ( ̄∇ ̄;)」

 「そういうあなたは食べ物ばかり…( ̄○ ̄;)!」

 「ふふふ…( ̄ー ̄)」

                                 おしまい

Dsc_5835

« 花粉で目が…ヽ(+∇+)ノ | トップページ | 重要資料。 »

コメント

でっかいマルス、なつかしいですねー。
ぱたんぱたんして、棒を刺してきっぷがでてくるという仕組みがよくわからんけど、すごい機械です~(触ったことは無いぞょ)

食べ物売っといて、食べる場所がないとは…orz
ちょっとがっかりですねー

117系って家庭用エアコンだったのか―!と思う人が出るのか出ないのか…(^^ゞ

ところで、飯田線の車両がいないのでわ…

投稿: よちゃん | 2011/03/25 22:53

よちゃんさん
でっかいマルスはレールパークにもあったのですが
どういう仕組みかやっぱりわかりませんでした(^-^;

館内には食べるところも休憩するところもあるのですが
お客が多すぎて…(´・ω・`)
今後も117系を見ながらのランチになったりして(゚ー゚;

飯田線の車両はモハ52がありますぞー(≧∇≦)

投稿: ハム@9999系 | 2011/03/26 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉で目が…ヽ(+∇+)ノ | トップページ | 重要資料。 »