« 復刻カード出ました。 | トップページ | 6月のお花見。 »

2012/06/20

夜路○苦メカドック

今日は蒸し暑かったですね(A;´・ω・)
このじめっとした感じが一年で一番イヤかも…。

さて、先日入手した1981年式のこの車。

Dsc04678

見たとおりのヤンキー車になりますが、
コンパクトにまとまり過ぎて些か迫力に欠けます。
というか、気合が足りません。

そんなわけでもう少し突っ込んだ改造をすることにしました。

先ずは解体から。

この手のミニカーは車体の裏側から
2本のネジで留めてあるのでそれを
ドライバーで緩めて解体します。

Dsc04679

…( ゚д゚)

このようにすでに取り付けてあるパーツでネジが回せない
場合は、多少強引でも構わないので取り外してしまいましょう。

 「ばきっ!」

パーツを撤去し、ネジを緩めて
留めてあった部品とタイヤを取り外しました。

Dsc04681

素晴らしい絵ですね。

ビールケースでも作りたくなるような絵面ですが
それは一先ず置いておいて、ここから更に解体を進めます。

Dsc04683

ボディー、内装、ガラス、リヤアンダースポイラー、タイヤ、
シャシー、そしてネジに分けることが出来ました。

ネジが使ってあるシャシー以外は組んであるだけなので
簡単に解体することが出来ます。

次に車体の前後に付いているライト部品を取り外します。

Dsc04688

ライト部品は車体に開けてある穴にライト部品から
伸びるピンを通して、それを溶かすことで固定されているので
その溶けた部分を削ってやれば簡単に外すことが出来ます。

Dsc04684

はい、この通り。

Dsc04689

これは以前に「こんな色ねーよ」と全塗装&ラッピングした
ミニカーを分解していた時に覚えました。

Dsc04687

解体作業が終わったら次はいよいよ屋根の切断です。

屋根の切断といってもフロントガラスを残しておかないと夏場の
ナイトドライブ中に「飛んできたクワガタが頭に突き刺さる」
という実際のアクシデントを想定し、ガラス周りは残して
屋根とBピラー、Cピラーを切断することにします。

Dsc04690

切断箇所にマジックで線を入れました。

この車はハードトップではないのですが
面倒なので窓枠ごとごっそり切り落として
無かったことにしてしまいましょう。

で、ここから切断へと入っていくのですが今回はここまで。

ある程度作業が進行したら続きを書きたいと思いますm(_ _)m

« 復刻カード出ました。 | トップページ | 6月のお花見。 »

コメント

その屋根 
先輩にグラインダーで切ってもらうんすか(笑)

投稿: 武闘派 | 2012/06/21 15:42

武闘派さん
これぐらいで先輩の手を煩わせるわけにはいかないっスよ!

自分でノコギリでゴキゴキいくっ酢よ!!

投稿: ハム@バリバリだゼーット! | 2012/06/21 23:14

下から二つ目の白い車、ほしいぃぃ~O(≧▽≦)O

本場ではホントに走ってそうな車ですねー(^^)

投稿: よちゃん | 2012/06/23 00:24

よちゃんさん
この前買ったバッジと一緒にシールも買ってしまいました(^^)
熊本では普通に走ってそうですよね。

そういえば無地の鉄コレがあったけど次はアレを…( ̄ー ̄)

投稿: ハム@9999系 | 2012/06/23 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復刻カード出ました。 | トップページ | 6月のお花見。 »