« 切れた… | トップページ | 待って来るもの来ないもの。 »

2013/04/28

青い空と白い駅。

 「めっちゃ良い天気やで~( ̄▽ ̄)」

Dsc_5654

というわけで、今日は福井へ行ってきました。

福井まで乗ってきた車を駅前の駐車場に預け
えちぜん鉄道福井駅でフリー切符を買いホームへ。

130428_080112

今回はこの春投入されたばかりの新型車輌に乗ることが
目的ですが、福井まで来てそれだけではもったいないので
駅巡りをすることにしました。

停車していた勝山行きの列車に乗りまずは志比堺へ。

Dsc_5673

「しいざかい」と読みます。

この志比堺駅の駅舎は国の登録有形文化財に登録されている
そうですが、駅舎内はリフォームされていて思いのほか小奇麗。

Dsc_5690

以前は相対式2面2線だったホームは
今では単式1面1線となっています。

Dsc_5686

古い駅舎と線路も撤去されその役目を終えたホーム。

ローカル線ならではのちょっと寂しげな感じのする
志比堺ですが、一つだけツッコミポイントがありました。

それは…

Dsc_5679

 「この石垣すごいよぉ!( ゚д゚)」

大量に積まれた丸い石っころは
眼前を流れる九頭竜川から持ってきたんだろうなぁ。

志比堺での撮影を終え、次は一駅戻って松岡へ。

Dsc_5703

この松岡駅も志比堺同様、国の登録有形文化財です。

駅舎内にはコーヒー(有料)が設置され――

Dsc_5709

どっかのラグビーの監督とガッツの色紙が飾ってありました。

Dsc_5710

ガッツのは良いこと書いているように思えて
実は意味不明…な気もします。

勝山行きの列車が到着したので乗車して今度は永平寺口へ。

Dsc_5715

永平寺口に到着。

Dsc_5726

お気付きかもしれませんがこの永平寺口駅も
やっぱり国の登録有形文化財に指定されています。

駅開業は今から99年前の1914年、大正3年2月11日。

白く塗られた木製の外壁とその独特な装飾は
大正浪漫を感じさせます。

Dsc_5720

 「てゆーか、百葉箱みたいだよね( ̄▽ ̄)」

とか言ってはいけない。

永平寺口駅は単式1面1線と島式1面2線の計3線。

Dsc_5731

ですが、駅舎のある1番線は現在は平日のみに1本だけある
福井発永平寺口の列車が停まるだけなのだとか。

ほとんど使われてないからか、レールもサビてたりします。

Dsc_5758

「平日のみに1本だけ」とか言われると撮りに来たくなります(゚ー゚)

何故そんなホームがあるのかというと、えちぜん鉄道の前身
京福電気鉄道の時代に運行していた永平寺口から永平寺へ
向かう永平寺線の列車が発着していたから。

Dsc_5730       右側が永平寺線、左側は今の勝山永平寺線の線路

この永平寺線はえちぜん鉄道へ譲渡された
2003年の前の年に廃線となりました。

上の画像のミラーに写っている工事中のところですが
以前はここにも線路があったようです。

荒地になっているところにホームの一部が残っていましたが
これもいずれなくなってしまうのかもしれませんね。

Dsc_5736

上記した京福電気鉄道永平寺線ですが、永平寺へ向かう路線
だけではなく昭和44年まではこの永平寺口(当時は東古市駅)
から金津駅、今のJR芦原温泉駅まで線路が続いていました。

その遺構が駅の西側にありました。

Dsc_5744

架線柱の幅が不自然に広いですよね。

その架線柱の足元に以前は小さな橋が架かっていたであろう
痕跡が残されていました。

Dsc_5748

ここから北に伸び、途中で枝分かれして今のJR芦原温泉と
えちぜん鉄道三国芦原線西長田駅へ続いていたんですね。

九頭竜川を越えた先ではどんな車窓が眺められたのでしょう。

と――、

知ったようなふうに書いてはみましたが、
実際のところ永平寺線と駅周辺に関しては今勉強しながら
書いているとこだったりします( ̄▽ ̄)

画像もそれなりに用意してあるっぽいですが、
時間が有り余ってふらふらあるいてたら
「何か見つけたー(゚▽゚*)」みたいな。

そんな感じです。ハイ。

京福電気鉄道は調べてみるとこれがまたいろいろと
興味深かったりするので、またいつか福井へ行って
廃線跡や遺構などを撮影して来ようと思います。

早起きして高速飛ばして3時間は結構厳しいですけどね(^-^;

永平寺口での撮影のあとは福井へ向かう列車で
福井口へ移動。

Dsc_5759

7000系なかなか来ないなー( ´・ω・`)

« 切れた… | トップページ | 待って来るもの来ないもの。 »

コメント

えち鉄の駅は文化財指定が多いんですねー
初めて知りましたよ。
にしても志比堺駅の立地には(@_@)ですな。

昔、富山に住んでいたころに電車で永平寺へ行ったことがあります。福井から電車に乗って東古市で乗り換えて行きました。数少なくも永平寺行き直通電車も走っていたような記憶が・・

北陸地方の平野には数多くの私鉄が走っていた時期があったやうです。石川県の北陸鉄道もかなりの路線があったのも調べてみると面白いですぉ

投稿: よちゃん | 2013/05/01 21:23

よちゃんさん
永平寺口が文化財なのは知っていたのですが
調べるとこれがまた出るわ出るわ(^-^;
三国芦原線にもあるので次回はそちらですね~

北陸鉄道は能登半島のほうにもあったんですね(゚0゚)
加賀温泉周辺の加南線や山中線など
ごっそりなくなってるところも気になります。
帝国繊維前駅とか戦後なのにすごい名前付けるなぁ( ̄Д ̄;;

投稿: ハム@福井いいよー♪ | 2013/05/02 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切れた… | トップページ | 待って来るもの来ないもの。 »