« Meisyo-sen | トップページ | うーむ。 »

2013/05/06

It wishes.

2千本安打達成おめでとう谷繁選手(≧∇≦)

それにしても…弱い(-゛-メ)

昨日の続きです。

近鉄伊勢中川を出てから約4時間。
名松線の終着駅、伊勢奥津に到着しました。

Dsc_6668

平日なので駅舎と併設している
市の出張所と住民センターは開いています。

待合室を通り抜けると伊勢竹原と同じ様に
ロープで封印されていました。

Dsc_6673

待合室に戻り、掲示物や駅ノートを見ていると
二人の女性が入ってきたのですが…

Dsc06934

宗教の勧誘でした。

そんなネタはいらん( ゚д゚)

Dsc_6671

待合室から外へ出て駅の東側の踏切を渡り、
国道368号線沿いを上り方面に向かって歩いてみる。

Dsc_6678

Dsc_6684

Dsc_6686

復旧の話を政治利用することだけは
やらないでもらいたいところですな(-_-)

Dsc_6688

 「アレは小学校なのか(゚0゚)」

Dsc_6689

 「ここは何処だ…(゚ー゚;」

Dsc_6691

お弟子さんからメールが来たので返信を打ちながら歩いていると
気が付いたときには駅から1㎞ぐらい離れたところにある
交差点に出ていました。

もう少しだけ先へ進み、
踏み切りで数枚撮影して駅へ引き返しました。

Dsc_6694

日本各地に大きな被害を及ぼした台風18号が来る前の月、
2009年の9月に訪れたときにはそこに列車があった風景。

Dsc_6706

次にこの地を訪れた時には、前回来たときと同じように
またそこに列車がある風景を撮影したいものですね。

帰り道、伊勢奥津へ向かうときには寄ることが出来なかった
ところの近くに車を止めて少し歩きながら撮影をしました。

Dsc_6710

コレはアウトだよなぁ(;´▽`A``

Dsc_6720

Dsc_6724

線路の向こうにある畑に行くために作ったんだろうけど
復旧後は使用するときだけにしてくださいねヾ(;´▽`A``

Dsc_6730

最後に。

 「土砂崩れとかあったところはもっと山の中なんだろうな」

そう考え、今回は現場を撮影することはないだろうと
思っていたのですが、車を松阪方面に走らせている途中、
往路では気が付かなかった光景が目に入ったので
道路脇のスペースに車を止め立ち寄ってみました。

Dsc_6744

土手に生えている植物が一部だけ不自然に刈られています。

そして、その土手の上にあるフェンスは…

Dsc_6734

土砂崩れを受け、支柱がひん曲がっていました。

Dsc_6738

現在不通になっている家城-伊勢奥津の区間では
こういった土砂崩れや落石、路盤の流出などの被害が
約40箇所にも及んだのだそうです。

他の箇所の状況は知りませんが、
ここはまだ程度が軽いほうなのかも…(゚ー゚;

JR東海はこれらの被害箇所は復旧だけではなく
今後こういった事態にならないよう自治体に
改善を要求しているので、不通区間の運行再開までには
大規模な治水工事が行われるのではないかと思われます。

ところによっては山の形が変わるぐらいするかも知れませんが
どんな形であれ、名松線が全通に戻り、再び列車が
伊勢奥津まで運行される日が来ることを願うばかりです。

いつか、きっと。

Dsc_6741

« Meisyo-sen | トップページ | うーむ。 »

コメント

治山治水のことなので、地元の自治体だけではもちろん無理でしょうし、三重県が腰を上げてもなかなか時間がかかりそうです。
JRとしても、そのあたりの工事の担保を取りたいんでしょうが、国鉄から路線(資産)を引き継いだのですから、ある程度責任もって運営していただきたいですね。

土砂崩れです、利用客いません、廃止します、では新幹線だけ営業するのと変わりません。
新幹線です、特急やめます、儲かりません、在来線やめます、となんら変わらないです。
北陸本線3分割とかもう・・・(>_<)

投稿: よちゃん | 2013/05/07 23:10

よちゃんさん
治水治山はそれぞれ市と県が行うそうです。
公共事業が増えるので自治体としては…野暮な話でした(^-^;

来年以降、北陸本線はどうなることやら。
大糸線西エリアなんて特に…(゚ー゚;

多額の収益で多少の損失を補うことが出来るのが大手ですが
利益追求の世の中では損失は削られる一方です。
同時に顧客の信頼をも失うと気付くことなく…。

投稿: ハム@┐( ̄ヘ ̄)┌ | 2013/05/08 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Meisyo-sen | トップページ | うーむ。 »