« あちー。 | トップページ | 帰りに雨が上がるのも恒例。 »

2014/06/21

MS-05BH2

MS-05BH2はジオン公国の将校、
タカハシ少佐専用のモビルスーツ『ザク』である。

Dsc09066

機体色はタカハシ少佐のパーソナルカラー、ベージュ。

格闘戦主体のタカハシ少佐の戦闘データを元に
チューニングされたその機体は、
腰部のフロントスカートを大型化し装甲を強化。

Dsc_6559

それ以外部分を切り落とし、機体全身の内部構造と
素材を見直す等で徹底的な軽量化を実現。

Dsc09070

更に出力を大幅に向上させることで旧式のザクでありながら
ジオン軍の最新鋭モビルスーツMS-14A『ゲルググ』と同等の
機動性を得ることに成功した。

本機体の主兵装はスパイク・シールドと
対戦艦用グラビティハンマー。

Dsc09073

そして右腕に装備されたインパクト・ナックルダスター。

Dsc09078

このインパクト・ナックルダスターは
敵モビルスーツを一撃で粉砕することも可能。

しかし機体のベースであるMS-05Bの腕部ではその衝撃に
耐えられず、改良されたMS-06の腕部が使用されている。

Dsc09085

先に行われた東アジア地域からの撤退作戦時に於いて
殿を務めたタカハシ少佐は、この機体の背部に
装備されている発煙弾発射機を巧みに使い敵部隊を撹乱。

Dsc09083

その武神の如き舞いで交戦した地球連邦軍将校、
パントーレ大佐率いる第86MS大隊をたった一機で壊滅させ
ジオン軍は一切の被害も受けることなく撤退を完遂。

Dsc09074

激戦を制し帰還したタカハシ少佐はこの戦闘後、
噴煙と敵機の返り油を浴び汚れた機体の姿から
「褐色の隕石(メテオストライク)」の異名を得ることとなった。

Dsc09086

東アジアからの撤退後、
数々の戦場を戦い抜いたタカハシ少佐は
宇宙に上がりソロモン防衛戦のため戦場へと向かう。

そしてその途中、
再びパントーレ大佐と対峙することになる…。

Dsc_6527

« あちー。 | トップページ | 帰りに雨が上がるのも恒例。 »

コメント

打撃専用MSってコンセプトがナイスです(笑)
アームパンチのシリンダーが芸こまですね。

投稿: TakaTaka | 2014/06/22 20:15

TakaTakaさん
最初は飛び道具の案もあったのですが、諸般の事情で
ここに載せられなくなるため打撃専用になりました( ̄▽ ̄;

腕内部のシリンダーはGWの名古屋徘徊時に
あのパーツを見て思い付きました(゚ー゚)

投稿: ハムニックフロント | 2014/06/22 22:23

ハムさん
良き MS ありがとうございます。
やはり、飛び道具なんぞ邪道ですな(`_´)ゞ

投稿: とある少佐 | 2014/06/22 23:25

とある少佐さん
飛び道具なんてただのオモチャですよヘ(゚∀゚ヘ)

こちらこそありがとうございました(o・ω・)ノ))
おかげで制作意欲が湧きまくりでした(゚ー゚)

投稿: ハム@魔改造主義者 | 2014/06/23 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あちー。 | トップページ | 帰りに雨が上がるのも恒例。 »