« last season | トップページ | ご当地とご聖地。 »

2015/01/03

冬の海へ。

新年早々、ウチのじーさまが隣のじーさまに
車をぶつけられるという事案が発生。

ウチのじーさまが契約している保険会社の人を呼んだら
何年か前にバウムクーヘンを持ってきた人が来ました( ̄▽ ̄)

ご近所さんなので穏便に済ませておきましたが
車に乗られる皆さんは、どうか今年一年安全運転で(;;;´Д`)

では昨日の続きです

特急『北越』を撮り終えてからは城端線の乗り場へ行き
キハ40を撮りまくる。

Dsc_8862

Dsc_8871

Dsc_8893

  「キハ40パラダイス…( ̄▽ ̄)」

JR東海ではキハ25配備による玉突き廃車が始まっている
キハ40系ですが、ここでは現役バリバリ。
羨ましい限りです。

  「そろそろ時間だな(゚ー゚)」

次に乗車する列車の到着時間が迫ってきたので移動。

今回の1泊2日の北陸ツアーは高岡から北と南に伸びる
氷見線と城端線の完乗を主な目的としていますが、
その1日目は氷見線に乗車することにしました。

7番線ホームでしばらく待ち、
やって来た折り返し列車に乗車してBOXを確保。

そして、城端線の乗り場に置いてきた3人に
「7番線にいるやつに乗れい」とメールを送る。

その後、6分経過しても返事が来ないので
「乗ったか?」と再送信。

それから少ししてBK氏が到着。
どうやら他の2人は未だ城端線乗り場で遊んでいる模様。

それからさらに5分後に
「置いてくぞー」と再々送信しても返事はない。

ただのしかばねのようだ。

その後も、「あと12分」、「あと10分」、
「あと7分。返事しろー」と再々々々々送信しても
返事はありませんでしたが、
発車2分前になってようやく2人が姿を現しました。

  「だってスマホ充電中だったし(・∀・)」

と、マユ村氏。

連絡手段としてク○の役にも立たん
ただのゲーム機なぞ捨ててまえ(-゛-メ)

定刻が来て氷見行きの列車が発車。

乗車したキハ40はハットリくんラッピングだったため
車内アナウンスもハットリくんでござったよ、ニンニン。

Dsc09877

  「なん…だと…Σ( ̄ロ ̄lll)」

氷見へ向かって北上中、
窓の外に懐かしの列車を発見して驚愕。

  「何故、食パンがここにいる!?( ̄Д ̄;;」

  「え、食パンってあの食パン?(・∀・)」

そして非鉄にも関わらず
何故か食パンを知っていたBK氏に2度ビックリ。

  「本当の顔は別にあって
   食パンは中間車を改造しているんだよね(◎´∀`)ノ」

という更に続けられた言葉に3度ビックリである。

何でそんなこと知ってんの…(゚ー゚;

まあ、BK氏は改造車が大好きだからな。
割と身近に感じるんだろうな、きっと。

残念なことにカメラを用意していなかったので
食パンの撮影は出来ませんでした。

  「帰りに撮ればいいじゃん(゚ー゚)」

  「おう、帰りは絶対撮るぞー!(・A・)」

北上を続けるキハ40の車窓を眺めながら旅は続く。

Dsc_8895

氷見線からの立山連峰の眺めは格別である。

  「海沿い走ってんだね( ̄▽ ̄)」

  「だからこっち側(進行方向右側)の席を
   確保したかったんよ( ̄ー ̄)」

「座席確保後に君らがまちっと早く来てくれれば
485系3000番台が撮影出来たんだよう」という心の声(T-T)

越中国分を過ぎたところで
それまで海を眺めていたBK氏があることに驚く。

  「なんかすげー人がいっぱいいる!ヾ( ̄0 ̄;ノ
   何かあるの?」

Dsc_8901

  「うん、ここら辺からだとさっきから向こうに見えてる
   立山連峰がいい感じで撮影できるんだ(◎´∀`)ノ」

  「えぇーっ、
   そういうことはもっと早く言えよー(-ε-)」

Dsc_8907

どうやらBK氏は私が進行方向側に座っていることを
不思議に思わなかったようです。

  「ここにはあとで降りるけどねー(゚ー゚)」

高岡を出発して30分弱ほどで氷見に到着。

Dsc09876

駅舎の撮影をしたいところでしたが、
駅前は観光客でいっぱいだったので
駅名だけ撮影して折り返しの列車に乗車。

車内に貼ってあるムササビの術をする獅子丸の張り紙に対し
某ジャングルの王者の飛行方法をディスカッションしながら
2つ先の雨晴で下車。

Dsc_8912

Dsc_8918      駅舎

ここから立山連峰を望める海岸へと向かい…

141228_151319

こんな感じで撮影することもできます。

Dsc_8919      「右の看板を接写して、さも自分が撮ったように…( ̄ー ̄)」

元旦に天気が良ければ左側の看板のような
初日の出が拝められることでしょう。

海岸へ出ると南東の方角に白く雪化粧をした
立山連峰が見えました。

Dsc_8928

  「ずっと前からこの景色を見たかったんだ…(T-T*)」

  「最近、良い景色とか見に行くようになったよね。
   去年も姨捨とか行ってたし(・∀・)」

決して年寄りくさくなったわけぢゃないぞぅ。

歩を進めてその先にある堤防へ。

Dsc09879

  「良い眺めだー( ̄▽ ̄)」

この画像ではわかりませんが、海に浮かぶ前方の岩と
義経岩と呼ばれる海岸側の岩の間、それと今立っている
堤防付近にもカメラを持った大勢の人たちがいました。

さすがは富山県屈指の名勝地。

Dsc_8942

この場所は今回の氷見線訪問で
絶対に外すことはできない訪問地でしたが、
天気にも恵まれて本当に良かったです。
来た甲斐がありましたヽ(´▽`)/

やって来た下り列車を立山連峰と絡めて撮影。

Dsc_8982

そして、その立山連峰を撮影するTK&BKをケツ打ち。

Dsc_8998

撮影を終え、駅へ戻る途中でTKご乱心のセルフダイブ。

Dsc_9008

  「おう、もう一枚撮るからそのままでな( ̄▽ ̄)」

と、2分ほど引っ張りました。

  「つ、冷てぇ …(((( ;゚Д゚)))」

駅へ戻り、ホームから立山連峰を眺める。

Dsc_9022

  「ホントなら夕日に染まったところも撮りたいんだけどね。
   そこまで待ってると次の列車が来る前に
   真っ暗になっちゃうから(A;´・ω・)」

定刻が来て上り列車に乗車し、高岡へ。

雨晴からの景色はやっぱり素晴らしかったです。
こっちに来る機会があったらまた立ち寄りませう(◎´∀`)ノ

高岡へと向かう途中、結構な乗車率のキハ40の車窓から
氷見へ行くときには撮影できなかった食パンを忘れずに撮影。

Dsc_9038

ズームで確認したらトップナンバーでしたヽ(´▽`)/

調べてみたところ、どうやらここは日本総合リサイクルという
主に鉄道車両やバスを解体する会社とのこと。

食パンファンは涙するから
この会社のHPを見るのはやめておきましょう…o(;△;)o

ちなみに食パンのうしろに連結されているのは
名市交5000形。

東山線を走っていた車両にまさかこんなところで合うとは…。

Dsc_9040

                                 続く…

« last season | トップページ | ご当地とご聖地。 »

コメント

年末で正解でしたの~。
年始だったら大雪で立山連邦どころではなかったですな。

投稿: 一等兵 | 2015/01/03 23:07

一等兵さん
年始の大雪はどえらいことになっているので
今回は年末にしてホント良かったです。

大雪行脚ならビームサーベルで
露天風呂作ってたところですよ(A;´・ω・)

投稿: ハム@晴れ漢 | 2015/01/04 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« last season | トップページ | ご当地とご聖地。 »