« 飛び出せ滋賀県。 | トップページ | 今日のお酒と御神徳。 »

2015/05/12

参拝とは。

この時期としては珍しく上陸した台風6号。

家の軒下に鳥がいたり
葉っぱの裏にてんとう虫の幼虫やカメムシがいたりと
いろんなところでいろんな生き物が雨宿りをしていました。

150512_165208      てんとう虫の幼虫

でも、ナメクジだけは嬉しそうに蠢いていました( ̄Д ̄;;

昨日の続きです。

階段を上り少し登ったところにあるお堂に到着。

Dsc_1340

近くには鐘もありますが特に何もせず階段へ。

太郎坊宮へはここからが本番になります。

Dsc_1342

鳥居の横に“魚霊供養碑”があるので魚釣りや
熱帯魚を飼っている人はお参りをしていきましょう。

そういえばここ太郎坊宮阿賀神社は
“正哉吾勝勝速日天忍穂耳命”
 (マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト)
という勝運受福を御神徳とする神様を祀っているので
ギャンブルを趣味にする人にはオススメの神社ですね。

魚遊びとお馬さんが趣味な方には
特に来ていただきたいところです。

特に来ていただきたいところです。

鳥居をくぐり先へと進みます。

Dsc_1343

毎回思うことですが、ここは階段が地味にきつい神社です。

これまで100以上の神社で参拝をしてきましたが
その中でもここの階段は特に記憶に残っている階段です。

まあ4回も来てれば
記憶に残って当たり前なんですけどね(;´▽`A``

汗をかきながら登り続けて全景看板のあるところへ到着。

Dsc_1344

  「あれ?」

確かここで焼きそばを焼いていたりしたような
記憶があるのですが…今はやっていないのでしょうか?

期間限定なのかな?

少し休憩をして再び階段を登って行くと
今度は以前はなかったものがそこにありました。

Dsc_1352

干支祈願的なものでしょうか?

撮影をしていると新婚さんでしょうか?
若いカップルが子(子受)の前で手を合わせていました。

  「そういえば前に来た時は
   改築だかしている建物とかあったような。

   そして私は腱鞘炎だったような…」

などといろいろ思い出しながら歩き続け
本殿手前にある夫婦岩の前に到着。

Dsc_1362

人一人が通れる程度の細い道になっている
岩と岩の間を抜ければその先は本殿ですが
ジャークパワーに満ち満ちた人がここを通ると
ぷちっと挟まれペラペラにされてしまうそうです。

Dsc_1363

善人の私はいつも通りに
難なくこの関所(?)をクリア。

参拝前に麓を見下ろしてちょっとだけ休憩しました。

Dsc_1369     水の張られた水面が向こうの方まで広がってる

Dsc_1368     矢印のあたりが太郎坊宮前駅

先に到着していた参拝客がいなくなったところで撮影。
そして参拝。

Dsc_1380

  「パントレさんという方がそのうち来られますので
   そのときは少しだけ勝運を上げてやってください。

   来なかった場合ですか?
   んー、2ヶ月以内に来なかった場合は
   “うんのよさ”の数値を下げちゃっても良いかと。

   え、私ですか?
   私はこれまでにかなり上げて頂いたので
   今のままで十分有難いです。ハイm(_ _)m」

やっぱり神社というところは自分のことより
人のことをお願いしていくところですよね。

なんだかとても清々しい気分になりました( ´艸`)

参拝後は本殿の脇にある階段を通り
駅へ戻ることに。

Dsc_1381

ちなみにここ太郎坊宮の御神体でもある
この赤神山自体の登山をする気力は
この時すでに残っていませんでした。

Dsc_1372
                                 続く…

Dsc00878     天狗口?

« 飛び出せ滋賀県。 | トップページ | 今日のお酒と御神徳。 »

コメント

なんちゅーむちゃぶりじゃー。
シャー!(ネコ語)

投稿: パントレ | 2015/05/13 07:29

パントレさん
新しくネコを飼われたそうですね(゚▽゚*)
うらやましいです。

そういえばパントレさんは釣りと熱帯魚鑑賞と
お馬さん鑑賞が趣味だったような…。

なんという偶然!

やっぱり太郎坊宮へは行く宿命だったんですよ、きっと。

投稿: ハム@(すっとぼけ) | 2015/05/13 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛び出せ滋賀県。 | トップページ | 今日のお酒と御神徳。 »