« YOUは何しに伊豆へ? | トップページ | 今日のお酒。 »

2016/02/16

晴れ漢。

日曜日に『miniature world cafe』へ行く前に
お店の近くにある砥鹿神社へ参拝に行ったのですが――

Dsc_0392     交通安全のお守りを新調しました

「せっかくここまで来たのだから」と、解散後に
本宮山にある砥鹿神社奥宮へ行くことにしました。

と、その前にちょっと寄り道をして、
前々から気になっていた神社を参拝することに。

Dsc_0407

『わくぐり神社』です。

ここは飯田線沿線にある神社で
東上駅から歩いて行ける距離にあります。

Dsc_0406     『籰』とは紡いだ糸を巻き取る道具のこと

『輪くぐり』ではなく『籰繰』と書いて『わくぐり』なんですね。

これを見るまで京都の『元伊勢籠神社』で見たような
茅の輪が境内にあるのかなとイメージしていました(;;;´Д`)ゝ

鳥居をくぐり境内を目指します。

Dsc_0410

  「むう…( ̄Д ̄;;」

しばらくは良さそうですが、
最後の辺りが急な上り階段になっています。

Dsc_0412     階段の途中にある石橋

境内に上がり、とりあえず振り返って一枚。

Dsc_0415

手すりのあるところはガチで急な階段でした。
しかも一段一段が微妙な狭さという…(;;;´Д`)

階段を上りきった先のすぐ右手にある手水舎で身を清めます。

Dsc_0414

ちなみにここへ繋がる道は神社の裏手にありました。
途中で気付いて鳥居まで戻ったんです。ハイ。

暖冬のおかげでこの時期としては珍しく
ほとんど冷たさを感じない手水舎で身を清めてから
境内を一望。

Dsc_0416

  「ほほう( ̄▽ ̄)」

こう言っては失礼ですが、思っていたよりも立派なお社です。

というか、かっこいい。

拝殿へと向かう階段の両脇にある石垣は
高低差が上手く使われていてお城のようにも見えます。

その階段を上がって拝殿前へ行き、参拝。

参拝後は駐車場に戻り、R151からR301と走り
本宮山スカイラインへ。

落ち葉が半端ねえっス(@Д@;

Dsc_0420

過去に料金所があったところで上の画像を撮影して
しばらく先へ進むと、砥鹿神社奥宮の駐車場へ
到着する頃には濃い霧に包まれてしまいました。

Dsc_0427

駐車場に車を停め、辺りを見渡す。

Dsc_0428

神社巡りを行っていた際はうっすらと見えるこの先の鳥居から
「漢(男)道へ行くぜ(゚ー゚)」と、本来の目的を忘れ
デンジャーゾーンを楽しんでいましたが、
過去の反省を踏まえた今回は奥宮へ進むことに。

つーか、この濃霧であんなところに
行ったら帰って来れんくなるわ。
(※男道がわかんない人はテキトーにググってみて下さい)

駐車場から奥宮へと繋がる道を歩く。

Dsc_0429

人生の転機の方は是非コチラへ。

Dsc_0430

この看板から5分ほど歩くと霧の中から赤い大鳥居が
浮かび上がってきました。

Dsc_0432

そしてその先には次の鳥居と社号標が。

Dsc_0434

神秘的で良い雰囲気です。

  「良い時に来たかもな( ̄▽ ̄)
   もう数日遅かったら餌食になっていたことだろう」

Dsc_0435

花粉の…orz

更に先へ進むとお社が見えてきました。

Dsc_0450

手水舎で身を清めて参拝。

社務所で御朱印をいただいてから拝殿を撮影。

Dsc_0437

  「こっちじゃないような…(・∀・)」

Dsc_0442

  「こっちでもないような…。
   仕方ない不本意だが正面から撮らせていただこう(・∀・)」

と、登山道からここ本宮山砥鹿神社奥宮へと繋がる階段を
数段降りたところから撮影すると…

Dsc_0438

まあ、なんということでしょう。
カメラを構えた瞬間に陽が差したではありませんか(ノ´▽`)ノ

これが俗に言う「持ってる」ですな( ̄ー ̄)

ちなみに境内はおろか、本宮山を出るまでの間に
陽が差したのはこの一瞬だけでした。

砥鹿神社奥宮での参拝後、
家へ帰る途中で豊川市小坂井にある五社稲荷へ
寄ってみたのですが、社務所が無人だったので
参拝だけして帰ることに。

Dsc_0457

五社稲荷は祭事があるときに再訪するとしよう。

Dsc_0465

お隣の菟足神社も一緒に。

Dsc_0456

« YOUは何しに伊豆へ? | トップページ | 今日のお酒。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YOUは何しに伊豆へ? | トップページ | 今日のお酒。 »