« 明日ありと思う心の仇桜。 | トップページ | 今年のスイカ。 »

2016/06/24

岡崎エイトマン2

  「おっ、生首おるやん( ̄▽ ̄)」

Dsc_2596

名鉄バス専用路線跡地を撮影中に
JRの線路にいたキヤ97に気付いたので撮影。

Dsc_2586     R2編成でした

車に戻り移動。

御鍬神社から1.3キロほど南下した場所にある
『上地八幡宮』へやって来ました。

Dsc_2599

上地八幡宮はすぐ横を東海道線が走っているので
車窓から眺められた方もいるかと思います。

Dsc_2603

Dsc_2613

Dsc_2608

八幡宮なので神紋は巴紋。

Dsc_2609

こちらの神社は右三つ巴紋ですね。

境内は広々としていました。

Dsc_2614

拝殿は妙に横に長い造り。

Dsc_2615

あまり見慣れないタイプなので記憶に残りそう(゚ー゚)

その拝殿の前に小冊が置いてあったので
一部頂いてきました。

Dsc_2616     「ひとがた」と「車がた」も置いてありました

読み慣れると結構面白いんですよ、コレ( ´艸`)

たまに貰い忘れるけど…(´・ω・`)

この拝殿の奥にある本殿は三間社流造と呼ばれる造りで
国の重要文化財に指定されているそうです。

社務所へ行くと新幹線お守りなるものが置いてありました。

Dsc03058

東のやん(;;;´Д`)

上地八幡宮での参拝を終えてからは、
そこから400mほど離れたところにある『土呂八幡宮』へ。

Dsc_2620

鳥居の先には天神様のノボリが並んでいました。

Dsc_2628

  「ここ、八幡宮ちゃうん?(・∀・)」

と思ったら、どうやら駐車場の前に天神様がおられたようです。

Dsc_2630

大仏殿はすこぶる気になりましたが
残念ながら扉は開いていませんでした。

階段を下りて拝殿の前へ。

Dsc_2651

ここ土呂八幡宮は一の鳥居までは階段を上がり、
二の鳥居の先で階段を下りて
拝殿前で再度階段を上がるという
起伏に富んだ地形の場所にあります。

ここまで高低差のある神社も珍しい…( ̄▽ ̄)

  「角があるから獅子か?
   何かすげえのが並んでんな( ̄Д ̄;;」

Dsc_2637

Dsc_2638

拝殿の前へ行き、参拝。

Dsc_2631     十六弁一重菊の中に右三つ巴の紋

その拝殿の屋根は「宮幡八」の文字と
十六弁菊で飾られていました。

Dsc_2636

参拝後、社務所へ行くと拝殿の横にある道から
本殿を見に行けるのでよろしければと言われたので
行ってみることに。

Dsc_2644

普段は

  「恐れ多い、それは寝所を覗きに行くようなものだ(゚д゚;)」

と、本殿を見に行くことはしないんですけどね。
んまあ拝殿の無い酒人神社のようなところは別として。

で、本殿を見たところ…何だアレ?Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_2648

本殿の中に先程拝殿で見たそれとは違う紋が
そこにありました。

Csc_2658

木瓜紋に近いように見えます。
正紋とか秘紋とかいう類の紋でしょうか?

社務所に戻って聞いてみようかとも思いましたが
めんどくさい人っぽくなりそうだったので聞いてきませんでした。

が、今になって余計気になっているという…ヾ(;´Д`A

また近くに寄ることがあったら聞いてくるとしよう。

Dsc_2656     このまま八幡宮巡りしたろかしらん

そういえば上地八幡宮のHPに掲載されていたのですが
上地八幡宮の御祭神の内の一柱、仁徳天皇は
国民を労って3年間全ての税を免除したことがあるそうです。

その結果、国は潤ったのだとか。

今とは真逆の政策ですね。

« 明日ありと思う心の仇桜。 | トップページ | 今年のスイカ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日ありと思う心の仇桜。 | トップページ | 今年のスイカ。 »