« 二期はよ(・∀・) | トップページ | きのこの山の日。 »

2016/08/10

萌える神宮。

今年はビシエドと心中するぐらいの気持ちで観ていたのですが
先に監督が去ってしまったという…orz

160810_121722     長い間ありがとうございましたm(_ _)m

いずれまたユニフォーム姿で、あの子供のような
屈託のない笑顔が見られる日が来ると良いな(;ω;)

昨日の続きです。

限定品のガンプラと京阪の記念乗車券をゲットしたら
最後は神社の参拝と御朱印です。

というわけで三条駅から京阪電鉄に乗って
一つ隣の祇園四条で下車。

京都祇園で神社と言えばやはり八坂神社――ですが、
今回はその八坂神社とは反対方向へと足を向けます。

Dsc_3433     鴨川

  「川床涼しそう(´Д`)」

Dsc_3436     カラスがいるけど鴨川

人ごみを掻い潜り、しばらく歩いて神社に到着しました。

Dsc_3437

前から気になっていたその神社の名前は『京都大神宮』。

社号標は道場の看板のようでしたf(^_^;

Dsc_3438

ここ京都大神宮は伊勢神宮参拝へ行くことが難しい
当地の方々のために建てられた、
神宮の出張所のような役割を果す有難い神社です。

Dsc_3439

拝殿の前へ行き参拝。

今回はちょっと前に超音波洗浄機できれいになった
5円玉がお賽銭です(◎´∀`)ノ

Dsc03341

さてと…

  「で、この拝殿はもともと何だったのかなぁ?(* ̄ー ̄)」

参拝後、少しうしろに下がって拝殿の唐破風を見上げる。

Dsc_3440

立派過ぎると言っても過言ではないその唐破風には
桜の御紋がありましたが、神宮に関連する神社であれば
本来はこのような花菱紋が神紋のはずなのですが…。

Dsc_3444

あとで社務所にて頂いた小冊によると
京都大神宮の本殿(拝殿とは呼ばないのかな?)は
一条家の建築物を移築したものなのだそうです。

「一条家ってなんやねん?」という方は
軽くググってみて下さいね。

ただ、『一条家の家紋』ってググっても
出てくるのは藤紋なんですよね。

では、どこから来た桜なんだろう…(;´▽`A``

ちなみにこちらの手水舎は
元々は伏見城にあったものなのだそうです。

Dsc_3441

いろんな歴史がありますね(*゚▽゚)ノ

拝殿(本殿?)を眺めたあとは
参拝した場所のすぐ横にあったおみくじに挑戦。

Dsc_3447

初めて見る斬新なメゾネット型のおみくじ機です。

上が普通のおみくじで、下は恋みくじだったので
上のおみくじをやってみることに。

Dsc_3448

結果はもちろん――

Dsc03344     鏡のストラップは魔除けになりそうです

  「まあおみくじなんて7割は大吉だからな(・∀・)」

そういうことを言うんじゃないよ、まったく…(-_-)

社務所に誰もいなかったのでインターホンを鳴らして
お越し頂いたのですが、今回は不覚にも
御朱印帳を忘れてしまっていたため半紙にて…

と考えていましたが、これも何かの縁と思い直し
初穂料1,500円を収めてこちらの御朱印を頂くことにしました。

Dsc03342

この御朱印帳は“京都スペシャル”にするとしましょう。

  「何かいろいろあるからまた来るとしよう( ̄▽ ̄)」

  「また来るんかーい!( ゚Д゚)」

Dsc_3450     ホントは湯呑が欲しかった

というわけで京都大神宮の御朱印を頂いたことにより
この日のプログラムは全て終了。

大津へは戻ることなく、阪急~烏丸線~JRと乗り継いで
京都に行った割にはかなり早い時間に帰宅するのでした。

Dsc03364

« 二期はよ(・∀・) | トップページ | きのこの山の日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二期はよ(・∀・) | トップページ | きのこの山の日。 »