« अंजलि | トップページ | 匠街道。 »

2017/04/30

気になる神社 山編

  「ほほう、コレが例の新対策か( ̄▽ ̄)」

Dsc05283     註・ワイヤロープ式防護柵

無駄になげえGW。
二日目の今日は岐阜県の神社巡りへ行ってきました。

東海環状自動車道を巡航速度で飛ばし
最初に訪れたのは関市板取にある根道神社。

Dsc_5518

朝から大勢の参拝客…ではない人たちで賑わっていますが、
そちらには目もくれずに階段を上がって参拝。

Dsc_5519

まだ朝7時とあって木々に囲まれた境内は薄暗いです。

主祭神は根道大神(ねみちおおかみ)という
初めて名前を聞く神様。

この地の土地神様なのか、
はたまた有力者だったご先祖様を神格化したものなのか。

参拝を終えて先ほどの人の列に突貫。

Dsc_5524

根道神社の参道脇にあるこの名も無き池は
通称『モネの池』と呼ばれています。

その名前の由来はこの池が
印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネが描いた
『睡蓮』シリーズに似ているから――とのことですが…

Dsc_5534

Dsc_5537

  「やっぱりこの時間に来るもんじゃねえな。
   まだ早いわ(;;;´Д`)ゝ」

渋滞回避で早朝に来た結果、撮影がイマイチに終わったので
まともな絵が見たい方は適当にググってみてください。

早朝から三脚で陣取りしてた迷惑な方々が撮影した
綺麗な作品が見られるかと思います。

駐車場に戻り、国道256号線を北上して郡上市へ。

Dsc_5558

観光列車『ながら』のおかげで思いのほか儲かってる
長良川鉄道の駅名標は名鉄の「シール貼っとけ」とは違い
ナンバリングも看板に書かれていました。

Dsc_5566     『ながら』で掛かったお金はとっくにペイ出来てるとか

長良川鉄道では今秋だったかに『ながら』とは違う
新しい企画列車を用意するそうなので期待したいところです。

256号線をさらに道なりに走行して下呂市へ――

と思いましたが、嫌な予感がしたので県道328号線を経由する
ルートを選んだところ、256号線と再合流するところで
その256号線の郡上方面へ続く道が封鎖されていた事が判明。

崖崩れか何かだろうか?

まあ何かようわかりませんが、迂回して大正解。
今回も神ってるぜぇ( ̄ー ̄)

郡上市を抜け、下呂市に入って少し南下したところにある
祖師野八幡神社へ。

Dsc05294

  「こりゃまたすげえ神社だなw(゚o゚)w」

歴史を感じさせる古い両部鳥居と
その両脇に並ぶ2本の巨木に圧倒される。

鳥居の先は拝殿、幣殿、本殿の順に並んでいます。

Dsc05314

境内は結構な広さです。

山中にあってこれだけの規模があるのですから
以前はこの辺りでもかなり有力な神社だったのではと推測。

参拝後にいろいろ眺めていたら拝殿の屋根に三つ並んでいた
神紋の真ん中の一つが『丸に並び矢紋』になっていました。

Dsc05315

ちなみにあとの二つは右三つ巴紋。

武神を祀る八幡宮なので巴紋と一緒に
矢紋を使うこともあるのかなぁなど思いつつ、
この屋根を横から眺めるとそこには別の矢紋が。

Dsc05309     『丸に違い矢』

同じ種類の紋が二つ使われることってあるのかな?

って思いながら幣殿と本殿を見上げてみたら
それぞれ右三つ巴紋と左三つ巴紋になっていました。

Dsc05301     幣殿。右巻き

Dsc05303     本殿。左巻き

ま、まあ、そういうこともあるとしておこう…( ̄Д ̄;;

本殿の近くには『岩屋妙見神社』と書かれた
小さな神社があるのですが…

Dsc05305

これはここ祖師野八幡神社の前を流れる川の上流にある
岩屋ダムの建設の際に合祀された神社なのだそうです。

神様は引越したものの
境内はそのまま飛び地境内として存在しているそうなので
祖師野八幡神社を出てからはそちらへ移動しました。

現地に到着し、妙見神社社号標と鳥居を撮影。

Dsc05333

鳥居の先に大きな岩のようなものが見えますが
ソレは実際に大きな岩だったりします。

Dsc_5569

階段を上がった先、
岩の下の柵の向こうに小さなお社がありました。

Dsc_5570

さて、この大きな岩は一体何なのか?

実は社号表の手前にこんな看板がありました。

Dsc_5567

専門家の調査によると『金山巨石群』と呼ばれるこの遺構は、
縄文時代から天体観測が行われていたと考えられているとか。

そう、妙見神社の境内を含むこの一帯は天文台遺跡なのです。

Dsc_5571

周辺に配置される幾つもの巨石から弾き出される結果から
現在使われているグレゴリオ暦を超える閏年の測定精度が
あったと確認されているのだとか。

Dsc_5579

それが実際に行われていたとされると縄文人の中には
とんでもない人がいたってことになりますね(゚ー゚;

Dsc_5581

エジプトのピラミッドやイギリスのストーンヘンジなどと比べても
遜色無い遺跡ではないでしょうか?

へ?
グレゴリオ暦の閏年って何のことって?

Dsc05325

そりゃあ

  1.西暦年が4で割り切れる年は閏年。
  2.ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年。
  3.ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年。

で表される現代の閏年の定義のことですよ。

Dsc05324

  「閏年は4年に1回ですが何か?(゚ー゚)」

と思ってた400歳以上の人は勉強し直しといて下さいね。

Dsc05328

義務教育ではないので
ついて来れない人はどんどん置いていきますよ~(・A・)

Dsc05329

ちなみに中二病を患っていた私には
閏年の計算方式やら10日カットの話やらは常識の範囲。

フフフフフ…( ̄ー ̄)

                                 続く…

Dsc_5573            岩の下のお社にお賽銭投げときました

« अंजलि | トップページ | 匠街道。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« अंजलि | トップページ | 匠街道。 »