« プチ支援。 | トップページ | 今日のおやつ。 »

2017/09/09

結論。

市内にある大宮神社へ行ってきました。

Dsc07649_2

こちらの主祭神は天照大御神…ではなく、天照大御命。

Dsc07652

最後の文字が『神』ではなく『命』なのは気になるところです。

Dsc07681

手水舎で身を清めて参拝後、本殿と拝殿を眺めてみました。

Dsc07676

Dsc07683

Dsc07715

Dsc07657

Dsc07663

御由緒に

 『徳川三代将軍家光ハ慶安二年
  領主松平清昌ノ願ニヨリ御朱印二石ヲ下付サレ』

とあったので「それで三つ葉葵が神紋になってるのか」
と思いましたが、賽銭箱と拝殿の屋根に三つ並ぶ
神紋のうち、左右の二つが当地より800㍍西にある
竹谷神社で見たものと同じものになっていました。

以前購入した神紋の本に『竹谷神社 はななぎ』と
文字だけ書いてあったのですが、いろいろ調べてみたところ
今まで「竹か笹だろうな」と思っていたこの神紋の葉は
『梛(なぎ)』という家紋の葉と酷似していました。

どうやら竹や笹ではないようです。

この『梛』の上にあるのが『花』で
合わせて『はななぎ』と考えるのが妥当なところでしょうか?

ちなみに梛は紀州熊野神社や大和春日大社の神木だとか。

大宮神社の御由緒の冒頭に

 『紀州那智山ノ下一野郷ヨリ
  若一王子熊野三社大権現ヲ勧請サレタト伝ヘラレテイル』

とあったので、その関係からこの『はななぎ』が
当神社の本来の神紋となったのかもしれませんね。

熊野神社の神紋は『八咫烏』ですが
熊野神社として祀っているわけではないから
『八咫烏』ではない…のかな?

昨年参拝した竹谷神社も熊野神社との関連があるそうなので
その辺の絡みも気になるところです。

三つ葉葵の方ですが、神紋は時代背景で変わることも
よくあったそうなのでそちらは家光の件以降に
徳川家のパトロン的な意味合いで上書きされたのでしょう。

その『はななぎ』とは別に拝殿へと繋がる橋が掛かっていた
隣の建物の屋根瓦には竹谷松平家の家紋が見られました。

Dsc07668

Dsc07669     この家紋は蒲郡市の市章のモデル

これは竹谷神社では見られなかったのですが…

竹谷松平家との繋がりは竹谷神社よりも
少し離れたここ大宮神社の方が強かったのかな?(;´▽`A``

Dsc07680     大宮神社の広い境内にあった土俵

« プチ支援。 | トップページ | 今日のおやつ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ支援。 | トップページ | 今日のおやつ。 »