リバイブ計画

2020/01/17

二次ロット。

 

Dsc_1500

アルミナットを0.5ミリぐらい長くしてみた。

| コメント (0)

2020/01/11

NGK。

溜め込んだポイントでケーブルをゲット。

Dsc_1490

 

横っちょにこんなん書いてあったんですが…

Dsc_1491

 

コレでもOK?

Dsc_1492

| コメント (3)

2020/01/09

まずまず。

先週ゴムワッシャーが届いていたので
日曜日に交換してきました。

Dsc05022

Dsc05024

Dsc_1481

取り付け場所によっては
ゴムワッシャーが均等に潰れないらしい。

 

アルミパイプをもう少し長くすれば良いのかな?

Dsc05025

| コメント (2)

2019/12/24

装着。

 

 「普通にゃ売ってないのかアレ…(;´Д`A」

 

量産型アーシングターミナルをお渡しした際に
取り付け方法をお伝えしていたのですが
必要なボルトが思ってた以上に特殊過ぎて
そこらのホームセンターでは
取り扱っていなかったという…。

Dsc04759

四角い頭は振動により発生するかもしれない
回転抑制にためなのか、
とにかく対応しなければなりません。

 

というわけでカインズにて
コチラの商品を買ってきました。

Dsc04760

これらを組み合わせて代用品にし、
純正のケーブルをロック。

次にターミナルをセットし、
ナットを締めて出来上がりです。

Dsc04764

フランジナットを買ってきてしまったので
見た目めんどくなっていますが、まあエエでしょう。

ダブルナットにしておけばモアベター。

 

……………。

………。

…。

 

連休明けに追加生産するとして
コレはこのままゲタで使うとしよう…。

Dsc04761

| コメント (0)

2019/12/21

72個だっけか…。

車のボディーを締めているボルトの錆び落としと
再塗装を以前行ったのですが、
コーティング効果を期待して使用した樹脂塗装が
ボルトを締める際に工具の角で剥がれてしまう
という事案が発生していました。

Dsc04710

 

 「うーむ、やはり錆びないボルトに
  交換するしかないのか…(´・ω・)」

と、純正ボルトに近いサイズのステンレス製品他を
かき集めて合わせてみたところ――

Dsc04711

 「コレジャナイ感MAX Heart…(´・ω・)」

ボルトの頭は小さく、ゴムワッシャは逆にでかいと、
残念ながら実用性は愚か、視覚的に
とても耐えられるものではありませんでした。

 

 

 「というわけなんでネジ屋に同型をステンレスで
  特注しようかと思っとるんですよ(´・ω・)」

などと、先月T社長と話をしていましたが
それから数日後、

 

 「T社長は「業者に探してもらっといたで(・∀・)」
  って言ってたけど前に散々探した挙げ句、
  結局同じものは見つからなかったんだよなぁ。
  やっぱり特注かなってところなんだけど
  コストがいくらぐらいになるかわかんないし、
  なんとか安上がりになる方法を…」

 

と、いろいろ考えているところで――

 

 「あー、そうか。
  ステンレスに拘っているからあかんのだ。
  錆びにくい金属ならまだ他にあるやん。
  ならば…」

と、ちょっと前にネットショップで見かけた
アイテムをポチ。

そうして取り寄せたのがコチラの商品。

Dsc04713

ボルトはステンレスですが
オレンジ色に塗装されたワッシャーは
アルミニウムで出来ています。
アルミニウムも錆びにくい材質ですからね。

この商品は主にオートバイや
車のナンバープレートなどのドレスアップを
目的とした商品ですが、この二品の組み合わせは
私が必要としているボルトと全ての寸法がほぼ同等。

 

ただ、これだけだとネジ頭下の円筒部が
足りないのでスペーサーを入れる必要があります。

Dsc04715

そのスペーサーにはステンレス製のものを――

ってところなんですが、必要数を考えると
これがまた結構な金額に…

なのでこれには調達した外径10㍉、
内径5㍉のアルミニウム製パイプを切断。

Dsc04714

え?
ボルトがM6なら内径は6㍉じゃないのかって?

まあ普通に考えたらそうなんですが
多少の知識とスキルを持ち合わせている私は
このアルミのパイプにタップを通して
ネジにしてしまうんですね。

Dsc04716

こうすることでボルトとワッシャー、
そして円筒部が一体化するので扱いやすくなります。

Dsc04717

円筒部がスペーサーだと外したときにバラバラになるので
ボルトやスペーサーを紛失する可能性が高いですからね。

 

で、最後は市販品のゴムワッシャーに通して
代用品の完成です――

って、そのゴムワッシャーがまだ届いていない…orz

 

ちなみに掛かった1個当たりのコストは約140円。
(まだ来ぬゴムワッシャー代込み)

アルミワッシャーは種類によっては10色もあるので
ボディーカラーに合わせて楽しむことが出来ますね。

Dsc04718

 

というわけで錆びるネジの対策はこれをもって終了。

あとはコレを大量に作るだけです(白目)

Dsc_1451

| コメント (0)

2019/12/17

言った者勝ちルール適用。

銅製バーを…

Dsc_1436

 

サクッと切断して…

Dsc_1438

 

ゴスゴスッと叩いて曲げて…

Dsc_1439

 

キュキュッと穴を開ければ…

Dsc_1440

高性能銅製アーシングターミナルの
量産化に成功!

 

ちなみに一本辺りの製作時間は約5分で
材料費は333円(。・w・。 )

 

尚、ネタで作っただけなので売る気はゼロ。
「買うから作って」と言われても作る気ナッシン。

今回作ったものは過去に「ホスイ」と言った方々への
強制的な贈り物となりますので悪しからず( ̄▽ ̄)

| コメント (0)

2019/12/08

確認前確認OK。

 

 「ちぇーっす( ̄▽ ̄)」

 

先日塗装が終了したヘッドカバーの納品に
行ってきました。

 

 「このボルトはまだ預かっておきますね。
  ステンのやつ探すんで( ̄ー ̄)」

 

エンジンが載っかったままのエンジンルームを確認。

 

コレも対策しとかないとね。

Dsc04692

ここのパイプも交換してやろうかしらん。

Dsc04691

 

 「ところでこんなものを見つけたんスけど
  どうです、コレ(* ̄ー ̄)」

 

と、先日届いたネジを試着。

 

 「お、良いじゃん(・∀・)」

 「まだ届いてない材料があるんで暫定版ですけど、
  それが揃えば錆びるネジともオサラバです(゚ー゚)」

 「じゃあ二台分買っといて(・∀・)」

 「今、私の車に付いてるやつが要らなくなるんで
  それでも使っといて下さい(--)」

 

Dsc04699

| コメント (0)

2019/12/06

オワタ。

 

 「バイクのマフラー用とか書いてあったけど
  グリーンのマフラーなんてあるのか?(´・ω・)」

Dsc_1414

などと思いつつ仕上げをして
ヘッドカバーの塗装は終了。

Dsc_1416

いろいろあったけど自分で考えながらやるのは
やっぱり楽しいな(*´ー`*)

納品は週末です。

 

さて、次の作業は
ボディーを締めているネジの問題解決。

Dsc_1419

長年考え続けた課題でしたが
今回でなんとかなりそう。

なると良いなぁ…。

 

ただ、発注した材料の到着までまだ日があるので
それまではテキトーに暇を潰すとしましょうかね。

 

あ、プラグカバーもらってこないと。

| コメント (2)

2019/12/03

( ▽ )

オーバーヒート前日にネタでぶら下げておいた
ローマウントストップランプ(?)を回収して改修。

昇華させて
再びリアバンパーに取り付けておきました。

Dsc_1406

やはりバンパーと同色にして正解だったな。

もう一手間掛けたらそれなりに見えるハズ…。

 

尚、コレより先に設置した
ハイマウントストップランプは
車検アウトになるので戦力外となりました。

| コメント (0)

2019/12/02

細線用。

手持ちの電工ペンチが3種類になりました。

Dsc_1403

あると便利だけど
使う機会ってそんなにないよね(;^_^A

| コメント (0)

より以前の記事一覧